FC2ブログ

八幡浜の海底不法投棄の悲惨過ぎる実情!

『魚と蜜柑の町』として名を売り知られる地元:八幡浜ではありますが、一部の海底は不法投棄されたゴミが何層にも重なり、信じ難い海底堆積ゴミの有様となっておりました。

悲しきことに、その堆積するゴミを見ると、限りなく“ほぼ100%意図的に不法投棄されたゴミ、または落としてしまったゴミ”であり、決して漂流ゴミや豪雨災害にて流失したゴミが集積したゴミでないことが伺えます。

一部のモラル無き人々による行為なのでしょうが、なかなか目にする機会の無かった海中のゴミ問題にも目を向けて頂き、八幡浜、愛媛県内、全国の方々の“更なる環境意識の向上へと繋がって頂けたら”幸いです。

各地で海底清掃を行って参りました経験から、あのあたりに海底に不法投棄されたゴミがあるだろうと、以前から気になっていた八幡浜の某所へ環境調査にて向かい、潜り発覚したことではありますが・・・。

まぁ、あまりにも酷過ぎる海底の状況に八幡浜で生活をする立場の人間として、心が痛み居たたまれず、私は行動に移します。

行政も今まで目を向けていなかった海中の美化活動に対して向き合い、定期的に調査・清掃・生態系の調査を行い、『魚と蜜柑の町』としての名に恥じぬような活動を未来へ向けて行って頂けたらと強く期待しております。

それでは、僅か30分程度の潜水だけで確認した八幡浜の某所の海底に不法投棄されたゴミの数々の有様を水中撮影して参りましたので、八幡浜市民の恥じとも言える光景でありますが、皆さまにも見て頂きたく、ココに少しご紹介させて頂きます(◆2019年1月12日の潜水調査にて◆)

まずは巨大なゴミの数々

2_16分割01
(業務用の大型室外機2台、クーラー、業務用の大型扇風機、オイルタンク、テレビ、自転車、炊飯ジャー、湯沸かし保温ポット、パソコンモニター、プリンター、折りたたみパイプ椅子、ヘルメット。釣り竿etc.)

3_16分割02
(トラクター等の大型タイヤ、普通乗用車のタイヤ、等身大のFRP製の板、釣り用の水汲みバケツ、釣り用の大きな用具入れ、クーラー、パイプ椅子、永遠と続くゴミの海底回廊etc.)

続いて、投げ捨てられたゴミの上にゴミ、ゴミ、ゴミと何層にも堆積したゴミの山の広がり(畳6畳ぐらいの堆積のゴミ山が数ヶ所に広がっており、空き缶・空き瓶や釣り餌が入る使い捨てプラ容器にバッカンetc.と。堆積の酷い場所になると重なり合うゴミの高さが25cmを超える場所も)

1_4分割01

当然、これらの海底は汚泥(ヘドロ化)、海が瀕死の状態、そして、いざゴミの回収となれば、ゴミの拾い上げた際に一緒にヘドロが舞い海中は濁り、一気に視界不良となり、沈泥までにかなりの時間を要するゴミ回収の作業効率の悪き危険な場所。

目ぼしを付けて潜った八幡浜の“たった一ヶ所の海底”が、この有様を考えると八幡浜海域全域を見回り、ゴミの回収までの道のりは、若き世代にまで活動を繋げていかないと難しいと思いますが、とりあえず出来る範囲で、この活動の後継者も育てつつ、頑張ろうと思っておりますので、どうぞ皆さま、ご協力の程、よろしくお願いします。

さて、そんな八幡浜を含む南予北部の海況変化の調査と環境省の依頼を受けて昨年に来訪、一緒に同行調査をさせて頂き、今年も来訪を頂く国立環境研究所の方々のお話しによると、

********** (下記は、NHK NEWS WEB の記事より一部抜粋) **********

水温や海流の変化の予測から計算したデータによると、2035年(17年後)までに、本州から九州までのほぼ全域が海藻からサンゴに置き換わる確率が高く、日本の海の姿が激変することに違いはないと発表。

4_サンゴが広がる可能性の高い場所
(★上記の試算データmapは「国立環境研究所」より、ご提供を頂きました)

国立環境研究所の山野博哉さんは、社会全体で気候変動対策についての考え方を変える必要性が高まっていると指摘されています。

漁業の場合、漁獲する魚の種類を変えたり、サンゴが増えると観光面はおそらくプラスもあると思うので、観光業にシフトしたりすることも考えられる。

温室効果ガスの排出を減らすなど温暖化の『緩和』はもちろん大事だが、『緩和』だけではいま起こっている変化に対応できない。

変化に対して人間が『適応』していかないといけない。もはや後戻り出来ない変化が私の想像をはるかに超えるスピードで進んでいる。

しかし、試算を行った国立環境研究所の熊谷直喜さんによると、サンゴさえない“死の海”が広がる最悪のシナリオとなる可能性もあると言う。

*************************************************************

と、NHKにて報道されております。

また、昨年に国立環境研究所の方々と八幡浜海域を調査した際に解ったことを私のBlogにて、以前にご紹介させて頂きましたが、ご存知無い方もいらっしゃられるようなので、下記にリンク先を貼り付けておきますので、そちらも再度、読み返して頂けると幸いです。

・リンク ▶ 地元の八幡浜海域の海洋環境の潜水調査

更に、私たち南予の海が「サンゴと海藻がバランスよく共存するシンボル的な海」として、世界的に権威ある学術誌PNAS(米国科学アカデミー紀要)に昨年の調査後に掲載されたことを紹介した私のBlog記事も、再度、下記にリンク先を貼り付けておきます。

・リンク ▶ 南予の海が世界に

その時の調査をご紹介した私のBlogも一緒に、下記にリンク先を貼り付けておきます。

・リンク ▶ 生物・生態系環境研究の調査ダイブ


●追記、プラスチックは海に浮く物では?!と言うお考えの方もいらっしゃるのですが、プラスチックには「浮遊するプラスチック」もあれば「海底に沈むプラスチック:ポリ塩化ビニル、アクリル樹脂、ポリエステル、ポリアミド、熱硬化性プラスチック等」があり、皆さんがよくご存じのポリエステル製のペットボトルはキャップが無ければ沈みます。また、浮遊するプラスチックでも漂流中、表面に藻など有機物や無機物が付着していった場合は沈みます。


★★ 最後に!『Mission Deep Blue』★★

20180703_223055_20190116161855053.jpg

愛媛ダイビングセンターは、『未来につなぐ海洋環境保全の輪』をスローガンに、環境意識高きレジャーダイバーを育成しつつ、未来の子供たちに豊かな青い海を残すべく環境活動プログラム「Mission Deep Blue」と称して活動をし続けておりますので、活動にご賛同ご協力を頂ける方は、お問い合わせ頂けますと助かります。

私たちレジャーダイバーが県内で行っている海底清掃のボランティア活動の一例を美しき町作りの活動の参考にして頂けたらと掲載しておきます。

5_4分割02

※「海美箱(ウミバコ)」とは、環境意識高き私たちレジャーダイバーが、普段拾えないような海の不法投棄ゴミ&漂流ゴミ、海岸に散乱するゴミを「海底&海岸清掃」等の大々的なイベントとは別に、日々レジャーとして潜る度(定期的)にゴミの回収が行えるようにと、一時的に拾い集めたゴミが溜まるまでの保管を行う金網メッシュ状のゴミ箱。そして、あくまでも回収を行ったゴミだけの保管を目的としておりますので、何でもかんでも設置の海美箱にゴミを入れられないようにと、普段は扉を施錠し、環境意識の向上と環境教育の推進へと繋がればと海辺の目立つ場所に設置を施したゴミ箱。
設置に関するBlogは、下記にリンク先を貼り付けておきます。

・リンク▶海美箱(ウミバコ) と言う名の海洋ゴミ保管箱を愛媛県の南予の海辺に設置!


◆2019.01.12.sat

[八幡浜市の某所]
潜水時間38分、最大水深15.9m、平均水深8.7m、水温14度、透明度4m、EN.14:30
.
#八ちゃんねる #MissionDeepBlue
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

年明けも元気に潜っております (^^)v

年明け “第一弾のBlog” って・・・、今頃?! m(。≧Д≦。)mスマーン!!

年明け早々、有り難きことに海に山にと休みなくバタバタと未だに忙しさから抜け出すことが出来ずに、走り回っておりまして・・・ (^^;;

とりあえず、少しずつアップしていきますので、今年もよろしくお願いします (^^)/

器材

まずは、“あちき(隊長)” のおバカさを受け継ぐ潜闘員が多く在席する八幡浜本部所属の潜闘員Nさん♂が、水中カメラに接続可能なカレイドスコープ(万華鏡)レンズを自作、試し撮りに来店されまして、新年早々おバカなカメラ遊びと明浜へと潜りに行って参りました!

水中で一つの被写体に向かって、一生懸命に自作カレイドスコープで撮影に集中する潜闘員Nさん♂

Nさん♂01

60mm前後の塩ビ管に3枚にカットした万華鏡用ミラーシートを貼り合わせ入れ、52mmのレンズリングを取り付けて作り上げた試作品。

あちき(隊長)、そんな遊び心が豊富な潜闘員!大好きです (^^)/

アオウミウシ相手に、このような写真を楽しんでおりました (^^ゞ

万華鏡_アオウミウシ01A

そして2本目は、そろそろ浅瀬が楽しくなる季節っちゅうことで、潜闘員Nさんより浅瀬DIVEのリクエストを頂き、浅瀬にてガッツリと極小生物の捜索をしておりましたら、新年早々“縁起のいい赤色のコケギンポ”が久しぶりに登場しました (^^)v

豪雨災害による土砂の流失による影響なのか、コケギンポの姿を見かけることがなかった昨年だったのですが、ようやく少しずつ現れ始めた中での赤色コケギンポ、何か嬉しくなります。

コケギンポ(赤)01

さて、【潜りの柑橘園】であります当ショップ!

少しずつ様々な柑橘の100%まる絞りのストレートジュースが出来上がっております。

ご贈答用、仲間とのシェア購入用向きに、“あちき(隊長)” デザイン、愛媛イメージアップキャラクターの「みきゃん」と「ダークみきゃん」を描き入れたオリジナル「みきゃん箱」に入れて、数に限りはありますが限定販売をしておりますので、今年も宜しくお願いします (^^)/

ジュース


◆2019.01.02.wed <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間56分、最大水深20.9m、平均水深12.9m、水温16度、透明度8~10m、EN.10:17

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間51分、最大水深8.7m、平均水深5.6m、水温16度、透明度8~10m、EN.12:23
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

今年も一年、ありがとうございました!

潜り納めと海好きなダイバーの方々が県内外より続々と来訪頂き、潜り続けた年末を終えることができました (^^)/

エントリー口

特に今年は年明けぐらいに納品やろうと思っていた冬型潜闘服(ドライスーツ)がXmasに、なんと一気に6着納品されたものだから、納品を楽しみにされておりました潜闘員(お客様)たちも一気に潜り納めと有り難きご来訪に至った訳ですが・・・、爆弾低気圧に最強寒波の到来と荒天続きの年末 (^^;;

そんな荒天に悩まされた年末ではありましたが、風除けポイントにてドライスーツ講習を兼ねて潜ったり、海況の落ち着きを図って漁礁ポイントへと向かったりと、潜り納めの潜闘員たちと安全に楽しく潜り楽しんで参りました (^^ゞ

4分割

冬型潜闘服(ドライスーツ)の購入と一緒にOLYMPUSの水中カメラセットも購入された県内:松山の潜闘員たち、地元:八幡浜本部所属の潜闘員、県外より年末の一時帰省に合わせて潜りに来店頂いた潜闘員と、たくさんの方々にご来店頂き、ありがとうございました。

インスタ_2018_best_nine

☆お知らせ☆
豪雨災害にて流失した人工白砂ビーチに新たに白砂が加わりリ南国を思わせる“かっぱビーチ”がリニューアル完成しました!
かっぱビーチ_砂入れ



★★★ 年末のご挨拶 ★★★

今年も一年、たくさんの海好きな方々にご来店、ご愛顧頂きありがとうございました。

お陰さまで今年も、とても楽しい思い出の一年となりました。これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と感謝しております。

来年も、新たな楽しい思い出作りを皆さまと一緒に作り上げられるように、一層のサービス向上を目指し、ご満足頂けるよう日々精進して参ります。

どうぞ、相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせて頂きます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

それでは皆さま、良い年をお迎え下さい。

柑橘山

潜りの柑橘園!来年もご来店をお待ちしております (^^ゞ


◆2018.12.26.wed <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間44分、最大水深13.0m、平均水深7.6m、水温17度、透明度8~10m、EN.10:36

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間52分、最大水深17.4m、平均水深10.2m、水温17度、透明度8~10m、EN.12:34

◆2018.12.27.thu <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:かっぱビーチ]
潜水時間50分、最大水深21.1m、平均水深11.2m、水温16度、透明度8~10m、EN.11:22

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間54分、最大水深18.5m、平均水深10.5m、水温16度、透明度8~10m、EN.14:13

◆2018.12.30.sun <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:かっぱビーチ]
潜水時間58分、最大水深21.9m、平均水深11.8m、水温16度、透明度8m、EN.09:59

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間53分、最大水深18.8m、平均水深11.5m、水温16度、透明度8m、EN.12:25
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

真冬も温々!Xmasライセンス取得講習

気温より海中が暖かい冬場、我が潜闘員たちの海中侵攻は止まることはなく、Xmas3連休はダイビング・ライセンス(OW)取得講習に大阪よりご来訪を頂き、元気に潜り込んで参りました (^^)/

今回、以前に沖縄での体験ダイビングで胃のリバースブロックによる吐き気を催してしまったものの、ダイビングを楽しみたいとの想いは強く、そんな想いを知人(大阪在住の潜闘員)に伝えたところ、

「隊長ならダイビング中に吐き気を催すことなく、楽しみながら指導をしてくれるはず!」と、「講習指導の最後の砦」として慕って頂き、嬉しきご紹介に今回至った訳でして!

はい!お任せ下さいと、冬場の潜闘服(俗世間で言う身体の濡れないドライスーツ)をご用意させて頂き、明浜にてライセンス取得講習を行い、新たな潜闘員としての成長を遂げて頂きました。

OW_01.jpg

もちろん講習生には、初めての水中写真にも挑戦をして頂き、講習生をご紹介頂いた潜闘員は付き添いにてファンダイブを楽しんで頂き、一緒にXmasの連休を楽しく満喫して参りました (^^)v

イガグリウミウシ
※OW講習生撮影のウミウシ写真

今年、有り難きことに冬場の潜闘服や水中カメラセットの購入ラッシュが続き、そんな新しき潜闘員たちの冬場の潜闘服も大量に年末に届き、これより冬場の潜闘服による潜闘漬けの日々となりますので、冬場の海Blog更新をお楽しみに (^^)/

゚☆+.゚☆+【Merry X'mas!!】ヽ(-∀-。)>*
ツンタとイガグリウミウシ02


◆2018.12.22.sat <OW講習前半/愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間20分、最大水深4.4m、平均水深2.9m、水温17度、透明度8m、EN.11:37

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間43分、最大水深12.8m、平均水深6.2m、水温17度、透明度8m、EN.13:51

◆2018.12.23.sun <OW講習後半/愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:突堤下]
潜水時間35分、最大水深12.1m、平均水深8.5m、水温17度、透明度8~10m、EN.10:23

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間44分、最大水深18.0m、平均水深10.9m、水温17度、透明度8~10m、EN.12:12
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

爆裂寒波到来!潜りまくり

今季“最強寒波”が押し寄せ、愛媛でも雪が舞った先週末から昨日にかけての3日間、元気に明浜にて潜りまくって参りました (^^)v

海が荒天する冬型の季節風(北西風)に強い明浜の海、今季初ドライスーツと地元:八幡浜や松山より海好き仲間、更に広島よりショップ:シーパラダイス様にご来店を頂き、

荒天の明浜_北西12mJPG

久しぶりのドライスーツでのダイビングスキル(技術)慣れをしつつ、外付けのストロボで初めての撮影を楽しむ者、コンデジで初めて設定を変えて撮影を楽しむ者と海中をご案内!

4分割

穏やかな湾内エリアのカラフルなチャガラ(ハゼ)と向かい合って頂いたり、

チャガラ

様々なウミウシやマクロ生物たちにカメラ設定を変えて楽しんで頂いたりと、明浜の海中世界を満喫して参りました。

サラサウミウシ01

今年は皆さんの“やる気”が凄い!有り難きことに、ご好評を頂いておりますドライスーツや水中カメラセットをたくさんの皆さまにご購入を頂き、あちき(隊長)の冬季潜闘意欲もMAX!

これからの冬季シーズン、ちびちゃこい奴らからワイドな世界と、皆さまと楽しみに潜れる日を心待ちにお待ちしております (^^)/

★追記:ご好評を頂いておりますドライスーツのキャンペーンに水中カメラ(オリンパスTG-5&防水ケース)のクリスマスセールと12月いっぱいの期間限定セールとなっておりますので、ご検討中の方はお急ぎ下さい。


◆2018.12.08.sat <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間56分、最大水深18.6m、平均水深9.5m、水温18度、透明度10~12m、EN.12:52

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間54分、最大水深16.6m、平均水深10.8m、水温17度、透明度10~12m、EN.14:53

◆2018.12.09.sun <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間50分、最大水深26.5m、平均水深13.3m、水温17度、透明度8~12m、EN.09:24

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間42分、最大水深19.3m、平均水深9.6m、水温17度、透明度8~12m、EN.11:00

◆2018.12.10.mon <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間57分、最大水深23.7m、平均水深11.6m、水温17度、透明度10m、EN.10:08

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間59分、最大水深17.6m、平均水深9.1m、水温17度、透明度10m、EN.12:11
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

隊長

Author:隊長
ダイビングショップのホームページは、こちら!
愛媛ダイビングセンター

最新トラックバック
検索フォーム
Instagram
台風前線
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる