大学ダイビング部リターンズⅣ

副題:陽気な奴らが“ダイビング&宴会&収穫お手伝い”に帰ってきた (^^)/

ん?!、収穫?。

はい!当店は柑橘の収穫体験も楽しめるダイビングサービスでして・・・(笑)

あちき(隊長)は柑橘園も営むダイビング屋。

ダイビングオフシーズンとも言われる初冬~晩春は柑橘園の繁忙期。

収穫・選果・柑橘園の手入れに明け暮れる日々の中、

そう!突如、昨年の7月、総勢36名で当店のダイビングリゾート明浜店に合宿で潜りに現れた“あの大学のダイビング部の面々”が更なる仲間を連れて帰ってきた!

今回で4度目となるご来店は、有り難きことに柑橘園の収穫お手伝いを兼ねてのダイビング来訪 (^^ゞ

初日、晩柑の清見オレンジの収穫へ一気に6人で取り掛かり、約1.2トンを収穫。

s集合写真柑橘収穫

お疲れ様~~!っちゅうことで、その夜は、もちろん“あちき(隊長)”の但馬牛やら幻の沖縄の島豚などのおもてなし手料理で舌鼓、大宴会スタート

s集合写真乾杯

今回、学生生活最後の休みを謳歌する4年生、これから就活に入る3年生とダイビング部の歴代の部長を努めあげた面々が集まる中、

4年生のM先輩が「明日のダイビングの事は明日考えれば、ええやん♪」を提唱!

待っていました!あちき(隊長)、その考え、嫌いではありません。むしろ大好きです (^^)v

ちゅうことで、美味い物と尽きることのない話題で楽しき宴会は深夜まで!

そして翌日、昨日より冬型の北西風が強く吹き荒れ、3月とは思えぬ冷え込みに見舞われ “北西の風10m” 誰やねん♪爆裂低気圧男は・・・帰りには峠で雪までチラつく騒ぎ(笑)

貴方そりゃ~もう!海は大荒れ。

が、しかし、こんな日でも潜れてしまうのが我が明浜の海。

淡々とダイビング器材のセッティングを済ませ、『進め!野郎ども。目指すは巨大な迷宮を想わせる特大な漁礁』と荒波の中へとエントリー。

春濁りシーズンの到来、透明度は10m前後と落ち込み、漁礁周りではイシダイの老成魚が群れを成して舞い、イロウミウシ系のウミウシが湧いたりしていたものの、なんと今回はギネス級の超~巨大ヒラメが目の前に (^^)/

s4分割_海

35年のダイビング人生の中で、ここまで巨大なヒラメは見たことがなかったので、少し気になりヒラメのギネス記録を調べてみたら、世界記録は日本発信で103cmの14.5kg。

間違いなく今回見かけたヒラメの方が大きく、大きさは軽く1m越えの丸々と太った驚きの特大スーパーサイズ。

そんな特大スーパーサイズのヒラメと戯れた後は、マクロ生物好きな部員のWさんとガッツリとマクロ撮影DIVEを楽しみ、

ダイビング後は、冬場のダイビングに欠かせぬ当店自慢の“潜水着のまま入れるオーシャンフロントなダイバー専用のお風呂”にて冷えきった身体を温めて頂き、皆で「Hi!チーズ」と恒例の記念写真 (^^ゞ

sお風呂

柑橘農家の繁忙期を学生の皆さんに収穫のお手伝いを頂いたことで、柑橘シーズン終盤の目途がお蔭様で見えて参りました。学生の皆さん、ありがとうございました (^^

s集合写真ショップ前

次回は夏のご来訪予定との事!また一緒に、弾け楽しみましょう (^^ゞ

ご来訪、心待ちにお待ちしております (^^)/


【お知らせ】

★今年は例年に比べてお客様のダイビングのシーズンinの動きが早く、ダイビングのライセンス取得コースのご予約やお問い合わせと既に出て参りました。今年は例年以上にダイビングのご予約をお早めにご検討下さい。

★あちき(隊長)の“ instagram


◆2017.03.08.wed、愛媛DC明浜リゾート店前

[1本目/Point:明浜ラビリンス]
潜水時間36分、最大水深26.9m、平均水深13.2m、水温14度、透明度10m、EN.10:07

[2本目/Point:明浜ラビリンス]
潜水時間48分、最大水深19.4m、平均水深12.3m、水温13度、透明度10m、EN.11:31
.
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

沖の島リサーチDIVE

副題:ん?! 俺がワイド撮影をしている (^^;;

四国最南端、黒潮本流が流れる高知県の絶景な離島:沖の島のダイビングシーズンinまで余すところ、あと1か月!

と言う訳で、現地サービスのヨシキ君にシーズンinに向け、リサーチDIVEを一緒に是非いかがですかと声掛け頂き、昨日、沖の島へと潜りに行ってきました (^^)/

とりあえず1本目は、この時期ならではの稀な底生性の深海魚アンコウ目「アカグツ」探しに深場へと降りたものの見当たらず、

浅瀬に戻り、レアな生物より一般人受けするような水中写真をと、アカハタを青抜き撮影!

アカハタ01

そう!最近、第三セクター(行政と民間の共同事業体)のホームページやパンフレット制作用に地域が少しでも活性化して頂けたらと、水中写真を幾つか提供させて頂いたのですが、

担当の方が選んだ写真は全て、あちき(隊長)が苦労して撮影した力作や珍しい生物の写真では無く“ダイバーで無い人が選びそうな一般人受けしそうなマリンブルーな青抜き写真”

もちろん、これからダイビングのライセンス(Cカード)を取得しようと言う方を対象に考えても、あまりマニアックな水中写真は、いかがなものかと、

はい!あちき(隊長)、今回、イッセンタカサゴの群れ等、珍しくワイドな写真を撮影しております (^^ゞ

イッセンタカサゴ01

そして、沖の島のPoint「赤崎2番」と言えば、これ (^^)/

キンギョハナダイ10

これでもかぁ~と海中に群れまくる圧巻の「金魚たち」の舞い!

テーブルサンゴ開く根(岩礁)トップで乱舞するキンギョハナダイたちの絶景。

キンギョハナダイ11

マリンブルーなサンゴ礁で赤金色に輝くキンギョハナダイ舞いに巻かれ、無の境地で癒されるのも今年はよいかも (^^)v

が、しかし、どうしてもマクロな生物にも気がいってしまう“あちき(隊長)”

可愛らしいウミガメの子供が浮遊して近づいてきても、根(岩礁)の壁面や水底を凝視。

すると、なんてことでしょう \((^0^)/

白色をおびた半透明の身体に微細なオレンジ色の点々、突起先端に鮮やかなオレンジ色

オシャレコンペイトウウミウシ01

これは美しき体色の南方系の「オシャレコンペイトウウミウシ」でないの (^^)/
(※.コンペイトウウミウシの異名ともされていますが、ネーミングとしては、オシャレコンペイトウウミウシの方が個人的に好っきやわ~)

オシャレコンペイトウウミウシ02

今回の沖の島リサーチDIVE。

ワイドな沖の島の海中世界をと珍しくワイドな水中写真を目的に行ったものの、最終的にはマクロな生物「オシャレコンペイトウウミウシ」に魂を奪われ、ガッツリとマクロ撮影に夢中になってしまった“あちき(隊長)”

ピグミーシーホース、モリシタダテハゼ、ウミガメ、ハンマーヘッドよりも、「オシャレコンペイトウウミウシ」との遭遇に心惹かれたリサーチDIVEでした (^^)v

オシャレコンペイトウウミウシ03

今年も四国の西の玄関口、愛媛(八幡浜)発“沖の島ツアー”ガンガン行きますので、リクエストお申し出下さい。


【お知らせ】 

少しずつ、ご予約お問い合わせが増えて参りました。今年のダイビングは、お早目にご検討下さい。尚、ゴールデンウィーク5/3~7は満員締切をさせて頂いております。

★あちき(隊長)の “ instagram


◆2017.03.01.wed <高知県:沖の島>

[1本目/Point親指(鵜来島海域)]
潜水時間44分、最大水深30.8m、平均水深16.1m、水温19度、透明度16~20m、EN.09:33

[2本目/Point赤崎2番(沖の島海域)]
潜水時間49分、最大水深12.3m、平均水深9.6m、水温20度、透明度16~20m、EN.11:30

[3本目/Pointトリノクビ(沖の島海域)]
潜水時間45分、最大水深17.3m、平均水深13.0m、水温20度、透明度16~20m、EN.13:50
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

潜り込みな日々!

副題:今年はダイビングのシーズンinが早そう!

「ダイビング屋あるある」の一つ、二つに分かれる“その年のダイビングシーズンinのパターン!”

「早めの動きを見せ、夏に向かって増加していく緩やかな山パターン」と「一極集中、夏近くから一気に動き出すパターン」の二つのパターン。

どうやら今年は前者のダイバーの皆様が早めの動きを見せるパターンの年となりそうな動き。

年老いた身体には、実はこのパターンが“体に優しく”嬉しきダイビングシーズンinの型なんよね (^^)/

言うてもうたぁ~ (^^;; いえいえ、お客様よりダイビングを楽しみたいとご予約を頂いたからには、一極集中の夏集中パターンも老体にムチ打ってお引き受けさせて頂きますがなぁ~ (^^ゞ

と前書きは、この程度にして、ぼちぼちダイビングのご予約やお問い合わせを頂く中、

先週末、岡山よりご愛顧頂いておりますshop:アクアタイム様に来訪頂き、一緒に冬の明浜の海を潜り込み楽しんで参りました (^^)/

今回、アクアタイム様のお客様は、あちき(隊長)と同じハイエンド・コンデジ SONY DSC-RX100Mシリーズ使いで、ガッツリと潜り込みタイプの水中写真好きなお客様と言うこともあり、アクアタイムの大ちゃん含め、海好きカメラ好きな面々と一緒に久しぶりに明浜の海中世界をご案内。

エントリーと共に目に飛び込んできたものは“春濁りの兆し”

クシクラゲを始めとする浮遊系、丸く袋状の海藻フクロノリの発生と未だ少ないものの“春濁りの装い”が、あちらこちらに (^^ゞ

s突堤下ヒトデ

春濁りは、海洋生物の成長には欠かせない植物プランクトンが大量発生するシーズンで、ダイバーによっては透明度がいつもより低下することから、春濁りシーズンを避ける方も多いのですが、あちき(隊長)は「浮遊系、ウミウシと待っていました」と言わんばかりの大好きなシーズン (^^)/

sイガグリウミウシ01

sヒロウミウシ01

sシラユキウミウシ01

様々なウミウシたちを前に“ガッツリと水中撮影”を楽しみ、

s水中2ショット

繁殖産卵シーズンに向けてコウイカのモウゴウイカ(カミナリイカ)からモイカ(アオリイカ)の海生軟体 動物たちも現れ始め、皆と撮影会を (^^)/



また、ある条件が満たされた時のみ潜れる海底に眠る明浜の人工造形物を潜り楽しみ、

s突堤下01

更に、この時期ならではの楽しみと繁殖のLOVEカラー婚姻色と体色を変化させるハゼ科のチャガラを狙って、チャガラの生息ポイントをご案内させて頂いたりと

sチャガラ01

朝から夕方まで二日間に渡り、冬の明浜の海をご案内しつつ、一緒に満喫して参りました (^^)v

sエキジット2ショット

追記:以前、集中的に海底清掃を行った場所に釣り竿、水入れバケツ、空き缶etc.と海底にゴミとして散乱し始めてきております。今年も海底清掃を行いたいと思っておりますので、ダイバーの皆様、ご協力をお願いします。

s海底ゴミ20170226突堤下


<当店の愛媛ダイビングセンター:明浜リゾート店前のポイント:明浜ラビリンスにて!>

◆2017.2/25
[1本目]潜水時間52分、最大水深22.4m、平均水深12.6m、水温12度、透明度13~15m、EN.11:31
[2本目]潜水時間53分、最大水深26.1m、平均水深11.8m、水温14度、透明度13~15m、EN.13:35
[3本目]潜水時間57分、最大水深20.5m、平均水深11.1m、水温13度、透明度13~15m、EN.15:56

◆2017.2/26
[1本目]潜水時間分、最大水深17.1m、平均水深9.0m、水温13度、透明度13~15m、EN.09:58
[2本目]潜水時間分、最大水深19.9m、平均水深12.1m、水温13度、透明度13~15m、EN.12:19
[3本目]潜水時間45分、最大水深15.4m、平均水深10.5m、水温13度、透明度13~15m、EN.14:42
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ナント!<("0")>いつの間にか小冊子に写真が・・・。

ダイビング屋であると共に柑橘農家でもある“あちき(隊長)”

柑橘の収穫、選果、畑の手入れと超~多忙なシーズン真っ只中。

本日、我が柑橘農園で熟成され育った柑橘で搾汁した無添加100%ジュースを受け取りに、明浜へ向かった際、窓口にて目に止まった“明浜の小冊子”

何気なくページをめくると、あちきの水中写真でページが飾られているでないの (◎_◎;) えぇ~っ!

明浜の海中世界の素晴らしさを、もっと多くの方に知って頂き、更なる観光資源の一つとなって頂けたらとの想いで、

明浜の第三セクターのホームページ用にと青く澄んだ海の写真を何点か提供させて頂いていたはずなのに、知らぬ間に小冊子にも写真が・・・ (^^;;

s明浜の冊子03

まぁ、10年前に人生最後の居住の地として愛媛の南予に移り住んだ際に、「愛媛って何処が潜れるの?!」と言うぐらいレジャーとしてのダイビング情報が無かった愛媛の海。

そんな愛媛の南予の海を潜ってみれば、そこは「手付かずの海中自然残る素晴らしき海中世界」

こんな素敵な海中世界が知られておらず、観光に生かされていないのは、いかがなものかとの想いがあり、

南予の海中世界を県内外の海好きな人たちに紹介しつつ、南予の素晴らしき海を未来に残していけるような活動と共に、楽しみながら少しでも南予の活性化に自分の今までの経験が生かしていけるなら、写真をホームページ以外にも使って頂いても、ええかな (^^ゞ

ただ、事後報告でも教えて欲しいんよね~(by 魂の叫び)

それは、今までも同じような事があり、自分が知らないで「お客様から載っていたよ。どこ何処の道の駅で紹介されていたよ!」と、いきなり言われたりすると驚き、困ってしまうことが多々あるねん (^^;;

と言うことで当店より、お知らせ!

内子のK君、大洲のIさん、明浜の第三セクター「明浜シーサイド」の小冊子に水中モデルとして写真が掲載されておりますので、記念に小冊子を手に入れては (^^)/

※.もちろん、水中写真を提供させて頂いた、こちらの明浜の第三セクター「明浜シーサイド」のホームページ内のリニューアルしたダイビングのページにも載っておりますの (^^ゞ
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

今年も一年、ありがとうございました (^^)/

副題:潜り納めのダイバー続々と (^^ゞ

潜り納めと仕事納めを終えた海好きなダイバーの方々が県内外より続々と来訪頂き、昨日、本日と潜り込んで参りました (^^)/

まずは昨日(29日)、この日は県内:新居浜市よりHさん♂がDRYスーツ初体験と潜りに来訪、DRYスーツでの潜り方をご指導させて頂きながら年末の明浜の海中世界をご案内!

s明浜EN

水中写真好きなHさん♂、ウミウシの水中撮影は然る事ながら

sキイロウミウシ01

今回は愛くるしい容姿のコケギンポの撮影と見つける楽しさにハマったようでして、ガッツリと「グリーン」「ブラック」「レッド」と3色のコケギンポと戯れ、DRYスーツと潜水着のまま入れるお風呂にて寒さを感じることなく、初めての真冬の海でのダイビングを楽しんで頂きました!

sコケギンポ01

そして本日は、兵庫県より愛媛県内の実家へ帰省を兼ねて潜りに初来訪頂きましたNさん♂と、

sTさん01

同じく愛媛県内:松山市よりレンタルDRYスーツでのダイビングをとMさん♀に来訪頂き、あちき(隊長)にとっても年内最後の潜り納めとなるダイビングを一緒に楽しんで参りました (^^)/

sSさん02
(海好きな皆さんに、来年も福が来ますようにと “幸せの招き猫”)

そんな潜り納めとなる本日の明浜の海中世界はと言うと・・・、m越えの根付きのコブダイ老成魚から様々な極小なウミウシや甲殻類、

sオルトマンワラエビ

更に潜り納めにふさわしく、今年の夏に発見され、根付いては居たものの、ここ3週間ほど消息不明だった激レアなムラサキウミヘビが確認し易い場所に巣穴を設け、再登場 (^^ゞ

sムラサキウミヘビ

今年の潜り納めは、丸々と太った胴回りのブリが回遊するは、m越えの巨大魚が複数で乱舞、ウミウシや甲殻類と様々なマクロ生物で楽しみ、今年確認されたムラサキウミヘビで締めくくりと明浜ならではの充実した潜り納めとなりました (^^)v

sTさん03

来年も皆様に明浜の海中世界を安全に楽しんで頂けるように常に生態系をリサーチしつつ、温暖化による磯焼けの対策:モイカ(アオリイカ)の産卵床/木材増殖礁の設置や海底清掃等の海洋環境保全活動、レジャーダイビング活動を通して少しでも地域活性化へと繋がって頂けるように頑張って行きますので、2017年もご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

◆2016.12.29.thu <愛媛DC明浜リゾート支店>

[1本目/ラビリンス]
潜水時間44分、最大水深21.4m、平均水深10.3m、水温17度、透明度8~10m、EN.10:17

[2本目/ラビリンス]
潜水時間52分、最大水深18.5m、平均水深9.0m、水温17度、透明度8~10m、EN.12:30

◆2016.12.23.fri <愛媛DC明浜リゾート支店>

[1本目/ラビリンス]
潜水時間44分、最大水深19.8m、平均水深10.4m、水温17度、透明度8~10m、EN.10:37

[2本目/ラビリンス]
潜水時間46分、最大水深18.9m、平均水深9.9m、水温17度、透明度8~10m、EN.12:47
.


★★★ 年末のご挨拶 ★★★

今年も一年、たくさんの海好きな方々にご来店、ご愛顧頂きありがとうございました。

お陰さまで今年も、とても楽しい思い出の一年となりました。これもひとえに皆様のご支援とご協力の賜物と感謝しております。

来年も、新たな楽しい思い出作りを皆さまと一緒に作り上げられるように、一層のサービス向上を目指し、ご満足頂けるよう日々精進して参ります。

どうぞ、相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、年末のご挨拶とさせて頂きます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

31日、ネット回線が混み合う前にと、1日早い年末のご挨拶となりますが、それでは皆さま、良い年をお迎え下さい。

I want to wish you a happy and healthy New Year.
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

隊長

Author:隊長
ダイビングショップのホームページは、こちら!
愛媛ダイビングセンター

最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
地域別閲覧情報

ジオターゲティング
台風前線
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる