FC2ブログ

まだまだ元気に60分越えDIVE!

地元:;八幡浜本部所属の潜闘員Kさん♂より、水中撮影の練習をとリクエストを頂き、昨日、好天に恵まれた明浜の海へと潜りに行って参りました。

この日、お目当てのホストに生息するウミウシたちを求めて捜索するも見つけ出すことには至りませんでしたが、大小様々なウミウシたちと向かい合いながら、水中撮影を楽しんで参りました。

Nさん01
(ウミウシのホストを凝視するKさん♂)

一時期、見かけなかったものの、最近、現れだしたサムライブルーのアオウミウシ君は、やはり絵になるわ~ (^^ゞ

アオウミウシとニホンアワサンゴ01

そして、最近、カメラの被写体として真剣に向かい合ったところ、改めて発色の美しさに魅せられたキイロイボウミウシ君。

キイロイボウミウシ

て言うか、イボウミウシとか可愛くない名前にするから興味がわかなかった訳で、これからは Ocellate Phyllidia(オセレイティド フィリディア)、可愛く“フィリディアちゃん”と呼ぶことにしよう (^^ゞ

生息数と言い、美しさと言い、明浜のウミウシ界のキングの座につく「イガグリウミウシ君」も、もちろん健在。

そんなイガグリウミウシ君を相手に、潜闘員Kさん♂は自ら手づくりスヌートライトホルダーを製作して試し撮りを楽しんでおりました (^^)v

イガグリウミウシ01

ビーチダイビングならではの60分越えマッタリDIVEを楽しむ中、今回、インスタ映え間違いなし、ピグミーゴビーとも呼ばれる極小のイソハゼたちが、発色の良い綺麗な緑の草原をも想わせるアミメサンゴの上で遊ぶポイントを発見!

あちき(隊長)的には、その場から動かず1日粘ってでも撮影を楽しみたいポイント。

と言うことで、あちき(隊長)と見つけた緑の発色の良いアミメソンゴ付近で動かず、水中撮影を楽しみたい潜闘員を広く募集いたします(笑) C`mon,baby アケハマ♪

さぁて、今週末も元気に行って参りますので、更新を楽しみに待っててや~ (^^)/


◆2018.11.11.sun <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間61分、最大水深24.2m、平均水深13.8m、水温20度、透明度8~10m、EN.09:41

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間69分、最大水深18.2m、平均水深8.8m、水温20度、透明度5~10m、EN.11:45
.
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

ウミウシdiner(ダイナー)

副題:贅を尽くした高級食材にてウミウシ談義&ウミウシPhotoダイブ!

7~8年前、当店のウミウシ好きな広島スタッフがウミウシのセミナーにて色々とお手伝いをさせて頂いたことで、お互いを知ることになった

全日本ウミウシ連絡協議会理事長 “中野理枝様” より、突然、「11月2日、3日と明浜の海で潜らせて欲しい」とのお申し出を頂き、泊り込みで潜りに来られるのであれば、

あちき(隊長)の贅を尽くしたおもてなし手料理(別の名を:やりたい放題な手料理)を囲み、「ウミウシについて」楽しく熱く語って頂けるような夕食会を行おうかと!

北は、山形産「ササニシキ特別栽培一級米」、「鯨の尾の身・鯨の脂須の子(カマトロ)」、「秋サヨリ」、「京野菜:聖護院かぶら」、南は、「沖縄県産の希少な島豚の皮付き三枚肉」etc.と、入手が難しい高級食材を一か月前より全国各地に手配をかけて準備を整え、

“中野理枝様”と初顔合わせと言うこともあり、様子を見ながら一部のお客様のみに“中野理枝様”の来訪をお伝え、内密に予定を立てておりましたが・・・。

“中野理枝様”より「申し訳ございませんが身内の都合により、急遽、来店が出来なくなりました」とのご連絡。

く("0")>なんてこった!!

しかし、そこは浅草生まれの浅草育ち、根っからの江戸っ子の“あちき(隊長)”

人情家で正義感に溢れ、粋で鯔背(いなせ)な江戸っ子気質(かたぎ)

贅を尽くした食材の振る舞いも「人に喜ばれることを望み」「宵越しの銭は持たぬ金離れが良さ」の江戸っ子気質!

「てやんでぇ!べらぼうめぇ!」

指折り楽しみにされておりました“可愛い海好き仲間”を悲しませることは出来ぬ、請け負った仕事は、形はどうあれ、必ずやり遂げると、

“あちき(隊長)”贅を尽くした手料理と美味しいお酒の宴の中、昔取った杵柄、NHKでの「ダイビング講師」を務めた経験を活かして解り易く、自ら“明浜のウミウシについて語る”名付けて「第一回:ウミウシdiner(ダイナー)」を催行 (^^ゞ

日中は、当店の明浜リゾート支店前の海にて、ウミウシが寄生する対象の生物(ホスト)や食べ物を実際に海中世界で教示させて頂き、ウミウシ探しやレンタル用の水中カメラにてウミウシの水中撮影をも楽しんで頂きたく明浜をご案内 (^^)/

それでは、そんな明浜でのウミウシDIVEの水中写真を少しご紹介 (^^)/

1_キイロウミウシ01

最近、浅瀬でウロウロしている大きなキイロウミウシから、

2_4分割ウミウシ

2~3mmの極小サイズと様々なウミウシたち、イボヤギミノウミウシやムラサキアミメウミウシ探しにホストを隈なく探しては、時折、息抜きとオルトマンワラエビやら

3_オルトマンワラエビ01

コケギンポ等の撮影をもはさみ、ウミウシPhotoダイブを楽しんで頂きました。

7_コケギンポ01

そして、お待たせしました!

これが“あちき(隊長)”の「ウミウシdiner(ダイナー)」の全容 (^^)/

a0_食事会_集合写真01_ボカシ入り
(※.上記写真の顔にボカシを入れさせて頂いております)

まずは本日の「お品書き」。最後のデザートまで食して頂きたく、胃袋のペース配分調整に必須の品 (^^ゞ

a1_お品書き20181103

今回は、特に「和食」に少しこだわりを入れた構成メニュー!

a2_握り寿司01

もちろん、ご好評を頂いております“あちき(隊長)”の「幻の島豚による炙り角煮」もご用意。ただ今回は、手刈り糖きび(黒糖)使用、生クリームとバルサミコ酢を合わせたソースにて調理。

a3_炙り角煮_黒糖01

黒毛和牛の赤身ステーキは、特製ポン酢ソースの他、好みで“白トリフ塩”でも召し上がって頂き、

a4_黒毛和牛の赤身ステーキ01

最後は、ダイビング屋であると共に柑橘園も営む「潜りの柑橘園」と当店の「清見タンゴール(オレンジ)」を搾ったストレートジュース使用の“炎の温かいとろけるデザート:クレープシュゼット”

a5_クレープシュゼット

にて、あちき(隊長)の“おもてなしの手料理(別名:やりたい放題な手料理)”に舌鼓をして頂きながら、ダイバー同士の交流&ウミウシ談義の宴を楽しんで頂きました (^^)v

★年に1~2回程度と“あちき(隊長)”が、気が向いた時にしか作らない“おもてなし手料理”での食事会。次回の開催は、12月1日の夜19時~深夜までの忘年会を予定しております。詳細は決まり次第、どこかで告知をさせて頂きます(微笑)
告知が待てな~いと言う方は、別途お問い合わせ下さい (^^)/

■Ps.メーカーご協力の下、お得な特別価格にてご提供をさせて頂いております冬のダイビング必須アイテム:ドライスーツのキャンペーン。かなりご好評を頂いておりますが、キャンペーン期間は12月末までとなっております。ご検討されておられる方、メーカーの受注が混み合う前にお急ぎ下さい。


◆2018.11.03.sat <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間47分、最大水深24.6m、平均水深11.2m、水温20度、透明度8~10m、EN.09:56

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間57分、最大水深17.2m、平均水深10.6m、水温20度、透明度5~10m、EN.11:47

◆2018.11.04.aun <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間72分、最大水深23.3m、平均水深10.1m、水温20度、透明度8~10m、EN.08:46

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間51分、最大水深23.7m、平均水深10.5m、水温20度、透明度8~10m、EN.10:57
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

元気にライセンス取得!

10月31日“Happy Halloween”朝夕の冷え込みに肌寒さを感じる日々ではありますが、未だまだ元気にダイビング・ライセンス取得の受講者と明浜へ出かけ、

2ショット_ハロウィン

巨大なヒラメやイセエビを始め、魚影濃き漁礁にてたくさんの魚を観察、ウミウシやゼブラガニ等のマクロな生物とも戯れ、一緒に楽しんで参りました (^^)/

一緒に環境保全活動に従事する県内:宇和島市よりMさん♀、松山市よりKさん♀、お疲れ様でした。そして、ご来店ありがとうございました。

2ショット02

これから愛媛のサンゴの保全、海底清掃、海中世界の情報発信と一緒に活動できること楽しみにしております。

2ショット01_ボカシ入り
(※.上記写真の顔部分にボカシを入れさせて頂いております)

ご来店を頂いた方のみにご案内をさせて頂いております冬の海を楽しむ為の必須アイテム“ドライスーツ(フルオーダー)”のお得な購入キャンペーン(12月末日迄)、おかげさまで、かなりのご好評を頂きまして人気商品となっております。メーカー協力の滅多にない特別ご奉仕価格ですので、ご購入をご検討されている方は、お早めにご検討下さい(受注後、納期は2~3週間かかります)


◆2018.1030.wed <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス(OW講習/後半)]
潜水時間29分、最大水深15.3m、平均水深8.5m、水温20度、透明度8~10m、EN.11:14

[2本目/Point:ラビリンス(OW講習/後半)]
潜水時間43分、最大水深18.0m、平均水深11.1m、水温20度、透明度8~10m、EN.12:34
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

初ボートに挑む“若き潜闘員”の成長!

おバカな“あちき(隊長)”が楽しき宴会交流好きと言った特殊な潜在能力の引き出し、育成統率を行う潜水特殊部隊の地元:八幡浜本部に看護衛生兵見習いとして所属の潜闘員2名。

9月初旬に、俗世間で言うダイビング・ライセンス取得をと、我が部隊への入隊を志願した若き潜闘員の隊員K♀と隊員A♀。

あちき(隊長)指導の下、ダイナミックなワイドな海、潮流への対応、水中撮影技術、冬場の潜闘服着用による潜入と、

これから経験をする様々な海洋潜入全てにおいて思いっきり楽しめる一人前の潜闘員としての成長を遂げてもらうべく“潜闘段階プログラム第2ステージ”へと進み、今回、初のボートDivingによる潜水訓練と高知県は柏島(一切)へと日帰り潜入。

柏島

この時期、西高東低の冬場の気圧配置は太平洋側の高知の海は荒れ模様となる日が多く、晴天に恵まれた昨日も同じ!

2ショット01

海は荒天、幾多の押し寄せる波を超え、ボートは潜闘ポイントへと進み、若き潜闘員たちは荒波の洗礼を受けての初のボートDivingと海中への潜入訓練を無事に遂げ終えて参りました (^^)/

2ショット02

今回、そんな訳で若き潜闘員の初ボートDivingによる育成メインでしたので、ガッツリと生物の撮影は行ってきておりませんが、ボンボリイロウミウシを始め、

ボンボリイロウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ、人気のハナゴンベの幼体、ミナミハコフグの幼体、クロイトハゼの幼体、オオモンカエルアンコウ、ハダカハオコゼetc.と太平洋側ならではの生物たちを観察して参りました (^^)/

Aちゃん02

今までに優に数万人のダイバーと向き合ってきた「おバカな“あちき(隊長)”の全国制覇を目指す潜水特殊部隊の統率育成の果てなき野望」は、未だまだ続きます (^^ゞ


◆2018.10.11.thu <高知県:大月町/柏島(一切)>

[1本目/Point:センジ浜]
潜水時間41分、最大水深19.3m、平均水深11.8m、水温24度、透明度8~13m、EN.08:49

[2本目/Point:センジ浜]
潜水時間52分、最大水深26.5m、平均水深13.4m、水温24度、透明度8~13m、EN.10:49
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

やはり可愛いコケギンポ!

副題:水中ナビゲーション強化実習

ダイビングスキル(技術)の向上を目指す地元:八幡浜のKさん♂と、平日2日間に渡って水中ナビゲーションに特化した実習にて、明浜で潜り楽しんで参りました。

ダイビング・ライセンス取得後、ダイビングを楽しんでいく上で次なるステップアップと継続教育を受講して、ほとんどの方が水中ナビゲーションのスキル(技術)を学ぶはずなのですが、意外に受講した後も苦手な方が多くいるのも事実。

そんな訳で“あちき(隊長)”「水中ナビゲーションのスキルは、きちんと身に付けて頂きたい」と言う強き思いがあり、長年の経験を基に作り出したオリジナルティあふれる水中ナビゲーション実習を実施。

しかし、先日の台風の影響により落ち込んだ透明度が回復し始めたり落ちたりを繰り返しており、実習日の海況は、なんと透明度が落ち気味の視界不良。

ナビゲーションスキルを学ぶのには最適な環境とも言えるけど、やはり受講者には、かなりのストレスとなるのも事実。

Kさん01

そんな視界不良の中にて、水中ナビゲーションのスキルは一回や二回で身に着くものではないけど、しっかりと基本を身に付けて頂き、水中をある程度、自由自在に泳ぎ回ってもエキジットpointへと帰って来れるようにKさん♂には成長を遂げて頂きました (^^)/

実習のお話しはここまでにして、前回、今年は豪雨災害の影響なのか、一生懸命探すも「見かけないなぁ~」と少し諦めかけていたけど、帰り間際に発見したコケギンポ君を改めて観察をして参りました

コケギンポ

そして、よ~く観察したら整ったフリンジヘッドと凛々しい顔つきで、イケメンの可愛いヤツだったわ (^^ゞ

やるべき事が多い実習中ではありましたが、コケギンポ君の他にも可愛い極小サイズのサラサウミウシが居たかと思えば、

サラサウミウシ01

でっかいサイズのミヤコウミウシ、

ミヤコウミウシ

どうやつたら可愛く撮影できるんやろ?と悩ませるほどに、大きく丸々と太った肉厚のキイロウミウシetc.と大小様々な生物たちとも、実習の合間を見て楽しんで参りました (^^)

キイロウミウシ


◆2018.10.16.tue <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間57分、最大水深18.1m、平均水深9.6m、水温22度、透明度8~10m、EN.09:27

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間56分、最大水深18.6m、平均水深9.1m、水温21度、透明度5~10m、EN.11:30

◆2018.10.17.wed <愛媛県:当店の明浜リゾート支店前>

[1本目/Point:ラビリンス]
潜水時間60分、最大水深20.6m、平均水深8.8m、水温21度、透明度5~8m、EN.09:10

[2本目/Point:ラビリンス]
潜水時間53分、最大水深23.9m、平均水深13.1m、水温21度、透明度3~8m、EN.11:25
.

テーマ : ダイビング
ジャンル : スポーツ

プロフィール

隊長

Author:隊長
ダイビングショップのホームページは、こちら!
愛媛ダイビングセンター

最新トラックバック
検索フォーム
Instagram
台風前線
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる